So-net無料ブログ作成

パーレット出づ! [愛しきカメラたち]

 

パーレット出づ!パーレット出づ!

「パーレットでず」・・・と読まないで。
「パーレットいづ」で、出てもらわなくっちゃ。

これは、コニカのご先祖「六櫻社」が大正14年に出したベスト判カメラ。

このカメラは、明治45年にアメリカのイーストマン・コダック社が発売したベスト・ポケット・コダックと、大正3年にドイツのコンテッサ・ネッテル社製のピコレットを意識ししている。

広告によると・・・「構造体裁ともに、他より絶対優越す」るらしい。

なにせ、オートフォーカス式なんでねぇ。・・・(注)現在のオートフォーカスの概念とはちがいますからね。



 

最初は両カメラのモノマネであったが、その後工夫を凝らし独自のカメラへと進化していく。

大正14年の発売の後20年にわたり製造を続けている。

(大正14年当時の価格)
ベスト・ポケット・コダック/アナスチグマットf6.9付・・・48円
ピコレット/ネッターf6.3付・・・60円
パーレット/デルタスf6.8付・・・25円

大正14年といえば、日本でラジオ放送が始まった年でもある。

当時のラジオ機器の値段
・鉱石式ラジオ10円
・真空管ラジオ120円
・三球レフレックス受信機 定価約50円(山中電機製 真空管式)

らしいが、登場したばかりのラジオの値段と比べても、高いのか安いのかよくわからない。

月極め新聞が1円だったらしい(現在は4000円くらい)ので、それから計算すると・・・
パーレットでも金10万円だ。現在の高級一眼レフに相当するが、買えない金額ではないね。

因みに1934年のことではあるが、コンタックス・ゾナーf1.5付
(http://blog.so-net.ne.jp/onkochishin/2007-07-04)は、1000円なので、
4000倍すると400万円だ!!

たしかに家一軒といわれるだけある。

それはさておき、比較的安価であったパーレットは、日本国民にこよなく愛されたカメラであった。

「パーレットのすべて」をみると随分種類があるようだ。

それだけ長年にわたって生産され改良されていった。

 

前板の枠は、ファインダーの枠になる。

こうして後方から照準を合わせて被写体を決める。

フイルム面にハーフサイズの枠を取り付けた場合は、ファインダー枠の突起部分を結んだ線が取り枠となる。
頭の中で想像して撮影できる範囲を決定するのだ。極めて形而上の作業である。

 

 


手許にあるものは、レンズ周りのシマシマ模様が、野球のタイガースファンに人気であったという昭和8年型

細かなデザインである。なぜこんな手の込んだことをしたのかよくわからない?

 

これがフイルムサイズを半分にする撮り枠。難しい光学処理の必要な作業ではなく、薄い金属板をはめ込むだけである。

レンズは固定式なので、距離が近い目的物を取ろうとするとピントがボケてしまう。
そこで、前枠を閉じるとレンズの前にもう一枚レンズがかぶさり、近接でもピントが合うようになる。
まあ、これも極めてファジーでありできるだけ絞りを絞って、被写界深度を稼いで使う必要がある。

 

オリジナルのケースに収まるとこんなにコンパクトになる。

ぜひ、さくらフヰルムをお使ひください。

 

また、「パーレットのすべて」によるとパーレットの同人会があった。

大女優の初代・水谷八重子も会員であったらしい。
http://www.nhk.or.jp/archives/anohito/past/2005/052.html

ショートレリーズをつけて撮影するのが、スタンダードなスタイルだったようだね。

 

実写例、こんな具合。

平成時代なのに何だか遠~い昭和が写っている様な・・・


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 4

む〜さん

おお!なつかしのパーレット!うちの父の愛器であった。幼い私の写っているフィルムが少しだけど残っています。そして東横電鉄のキハ1の写真を残してくれました。このページにあるパーレットとはバージョンが違うらしく、ライカみたいにサイドのふたを外してフィルムを挿入する方式でした。もちろん、半裁サイズもダメでした。もちろん、現品は残っていません。
by む〜さん (2007-07-24 09:16) 

Agas

Zion搭載の虎マスク!全くの同型ですなぁ(^^
しかし、実写例をサクッと出せるのが羨ましいです(笑)

>ショートレリーズ
自分も同じ方法で遊んでおります。
以前、パーレットの写真展を見に行ったとき
同人会の会報も閲覧する事が出来まして色々勉強しました。
確かにレリーズ使った方が扱いやすいです(笑)
by Agas (2007-07-25 08:27) 

なにわ

昔の戦闘機の照準器に似ていますね。ま、ミノルタ(当時は千代田光学)でも照準器を生産していました。

4日考えてこれしか思いつかないなんて・・・。
by なにわ (2007-07-27 21:25) 

ファジー

>む~さん。おはようございます。
 パーレットで東横電鉄のキハ1とは、なんて素晴らしい取り合わせでしょう。想像するだけでもとても幸せになりました。

>Agasさん。おはようございます。
 パーレットの写真展なんてあるのですか?さすが大東京ですねぇ。
 ライカM3を首にぶら下げてもたいして驚きませんが、このパーレットをオリジナルケースに入れて首からぶら下げて街中闊歩すれば、めちゃ目立つだろうなあ。と思いますが、気が小さいためまだ実行していません(笑)

>なにわさん。おはようございます。
 確かに、昔の戦闘機の照準器のようです。そもそも光学と軍事は緊密な関係でしたからねぇ。
 近々、八九式活動写真銃をご紹介しようと思っています。乞うご期待
by ファジー (2007-07-28 08:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。