So-net無料ブログ作成

20系寝台特急「あさかぜ」 [鉄道大好き♪]

フォトニュース第4弾

寝台特急「あさかぜ」は、東海道線・山陽本線を経由して、東京~博多を結ぶ寝台特急列車。

もともとこの列車は、昭和31年11月19日改正で新設されたのが始まり。
昭和33年10月1日のダイヤ改正により20系客車が最初に使用された。
そのためブルートレインの元祖などと呼ばれる。



のっぺりした車両と高い丸屋根が特徴。また最後尾ナハネフ22は展望車となって人気を博した。


大学からの帰省時、たびたび急行「銀河」として使われていた20系に身を横たえたことが懐かしく思い出される。

B寝台の三段ベッドの二段目はけっこう辛いものがあったね。
三段目は登り降りが大変だが、天井が高くてゆったりしてるし、通路側に広い物置があったり、結構楽しかったね。

当時はダントツの豪華さだったようだ。




しかし、昭和50年代以降の国鉄運賃・料金の大幅な値上げや、新幹線・飛行機、さらに平成になって高速バスとの競合が激しくなり、ブルートレインなど長距離夜行列車全体の利用客が減少したため、最後まで残った下関発着の1往復も昨年2月28日発の列車を持って廃止された。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

天女が遊

懐かしい!
by 天女が遊 (2006-11-22 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。